About

About

 

杉本佳一

Keiichi Sugimoto


サウンドアーティスト、コンポーザー。
ソロプロジェクトとしてFourColor、FilFla、Vegpher、Keiichi Sugimoto、またMinamo、Fonicaなど、サウンド・アプローチによって名義を使い分けながら多様な音楽を作り続けている。ドイツtomlab、ニューヨーク12k、日本のHEADZなど国内外のレーベルから数々のアルバムをリリースし、世界各地にてライブパフォーマンスを行う。作品は英『THE WIRE』誌ベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出されるなど、海外でも高い評価を得ており、活動範囲は世界中に及ぶ。
また、広告音楽の作曲家として、CM、舞台、映画、エキシビジョンなどの楽曲制作や劇伴を手がけ、音楽で参加した作品がカンヌ映画祭「若い視点賞」、フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭「オリジナル映画音楽部門賞」、Design for Asia Award 2010 Gold Awardなどの受賞歴を持つ。映画音楽の受賞をきっかけに2007年フランス映画音楽作曲家協会(U.C.M.F)会員へ登録される。2014年全53曲の劇伴音楽集「PLAY MUSIC」を発表。




■主な近作(抜粋)


杉本佳一「PLAY MUSIC」
Vegpher「Plus」「Play」
FilFla「Flip Tap」「Sound Fiction」「Frolicfon」
FourColor「As Pleat」「Letter of Sounds」
minamo「Documental」「Dureé」


■CM音楽制作(抜粋)


Fleet Bank(アメリカ) / Verizon(アメリカ) / ソニー銀行 / SONY / Tiger / エースコック モッチッチ / SMBC / 味の素トスサラ / ロレアルパリ / サンスター 緑でサラナ / P&G SK-ll / SUNTORY カクテルカロリ。/ ヤマザキナビスコ リッツ / 伊藤園TEAs'TEA / キユーピー サラダクラブ / カネボウ SALA / ニベア花王 8x4 / RAIZIN Green Wing / キューピー時報CM / SPACE SHOWER TV / McDonald's マフィン /  改源 改源錠 / 三菱ケミカルホールディングス / 仙台市地下鉄東西線WE / 大丸・松坂屋 / MOSDO / NITTO / Philips ノンフライヤー/ パテックス 機能性サポーター / Huawei / ABC MART / ファーファ デオテクト / Nitto / ACジャパン / UHA / MTV / AbemaTV 他


■TV・RADIO・映画音楽制作(抜粋)


NHK WORLD『Artisan×Designer』オープニング& ED曲 音楽担当
NHK Eテレ『シャキーン!』内『サムソンのダジャレ DE 英単語』音楽担当
アニメ「HEROMAN-ヒーローマン-」劇中楽曲一部制作
TOKYO FM『TOKYO FM NEWS』『TRAFFIC REPORT』音楽担当
ラジオ番組「コスモ アースコンシャス アクト 未来へのタカラモノ」
奥原浩志監督 映画作品「16[jyu-roku]」 劇中音楽制作
宮崎淳監督 映画作品「FRONTIER」 楽曲提供 他


■エキシビジョン・館内音楽(抜粋)


ポンピドゥーセンター(パリ)/エキシビジョン「Ecoute」
au design project Exhibition/ガッキ ト ケータイ展
サイエンスヒルズこまつ/ワンダーランドエントランス
AmebaFRESH!Studio/サイネージ映像
東京モーターショー2015/Toyota New Global Architecture Concept movie
2015GAIKINDO インドネシア国際オートショー(GIIAS)
/TOYOTAブースVRDisplay
ライティング・フェア2015/RANAGRAM『Interactive LED Facade』
Yamaha Motor Design/2013 Tokyo Motor Show
東京モーターショー2013/ホンダブースS660ムービー及びプレスカンファレンス、MEV映像用音楽
東京モーターショー2011/ホンダブース内音楽一部担当
ミラノサローネ2008 ヤマハデザイン展/ヤマハ株式会社
Creative Lounge MOV/渋谷ヒカリエ 他


■舞台音楽(抜粋)


F/T13イェリネク連続上演『光のない。(プロローグ?)』
遊園地再生事業団「子どもたちは未来のように笑う」「夏の終わりの妹」「トータル・リビング 1986-2011」
バストリオ「グッドバイ」「点滅、発光体、フリー」「Very Story, Very Hungry」「Rock and Roll」
二兎社公演37 「こんばんは、父さん」楽曲提供


■その他


「The Wire」ベスト・エレクトロニカ・アルバム(FourColor「Water Mirror」)
フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭「Festival Tous Courts」オリジナル映画音楽部門賞受賞(Timo Latz監督/ Fonica「Whirr」)
スウェーデン音楽賞「Manifest」エクスペリメンタル部門ノミネート(minamo & Tape「Birds Of A Feather」)
カンヌ映画祭・監督週間「若い視点賞」受賞(宮崎淳監督「FRONTIER」/ FourColor楽曲担当)
第3回企業ウェブ・グランプリ「デザイン&クリエイティブ部門」グランプリ受賞(Yamaha Design "Synapses"ウェブサイト/音楽制作)
Design for Asia Award 2010コミュニケーションデザイン/インタラクティブメディア部門 Gold Award受賞(Yamaha Design "Synapses"ウェブサイト/音楽制作)




アーティストステイトメント


例えば、長年人々が慣れ親しんできたピアノの旋律を美しいと感じる事は非常に容易かもしれません。 そこでピアノ内部に張り巡らされたピアノ線を手で押さえてみるとピアノは鈍く響き本来の音とは異なる魅力に気がつくことでしょう。 誰もが美しいと感じる音をただ美しさという観点だけで捉えるのではなく、そこに秘められた新たな響きやいびつさ、滑稽さなど人を魅了する音を探求します。 私の作風として、一つ一つ丁寧に磨き上げたサウンドを重ね合わせる事によって独特のゆらぎや質感を生成し、さらにそれらを緻密に構成していき「音楽」へと変化させます。 調和と不調和、曖昧と明瞭、デジタルとアナログ、必然と偶然、これら相反する物を同次元で扱う事でユニークな音楽を生み出す事を目指しています。

Keiichi Sugimoto(sound artist / composer)



Keiichi Sugimoto is an international artist and composer from Japan. He plays in several sound projects such as FilFla, FourColor, Minamo and Fonica. His compositions have been released from record labels throughout the world such as 12K (US), apestaartje (US), TOM LAB (Germany), and HEADZ (Japan). As FourColor, his album "Water Mirror" was chosen among the best electronica albums in the THE WIRE magazine (UK). He has also toured extensively in Europe, Asia, Australia, the United States, and Canada.

He has provided numerous tracks to films, visuals, plays, exhibitions, television, web commercials, and company videos. In 2004, FourColor provided the music for director Jun Miyazaki's "FRONTIER", appearing at the Cannes film festival. In addition, the film won the "Young Viewpoint" award during the director's week. In 2006 at the France Aix-en-Provence film festival, Keiichi Sugimoto won the original soundtrack prize, for his soundtrack of "Whirr", a film by German director Timo Katz. By 2007, these achievements had lead Sugimoto to be registered to the French film composers association (U.C.M.F).

In addition to his artist activities, in 1999 he established Cubic Music, a record label to release music and to organize events. Some of the artists he has released include World's End Girlfriend, Kyo Ichinose, piana, and No.9. He has also been active in inviting foreign labels and artists to perform in Japan, as well as organizing tours for international labels such as 12K, Hapna and TOM LAB.

// artist statement //

It is not too difficult to appreciate the melodies of the piano. We have all been familiar with for such a long time, and to notice it as "beautiful". But when you hold piano strings inside of a piano, wrapped around each other, it makes a dull, dim sound, and you realize a different appeal that is separated from the way it originally sounds. My music is a quest in search of these new, unique, and funny sounds underneath, that would attract listeners, not only to perceive beautiful sounds as beautiful, but by layering each of the sounds delicately, it would form original subtleness and textures. By composing them together precisely, they are transformed into "music": Harmonies and dis-harmonies, vagueness and clearness, digital and analog, necessity and accidents. My aim is to deal with these opposite factors on the same level to create a unique music.

杉本佳一

(声音工作者/作曲家)

杉本佳一是一个来自日本的国际艺术家以及作曲家,活跃于FilFla, FourColor, Minamo and Fonica等多个音乐工作室。
他的作品已由12K (美), apestaartje (美), TOM LAB (德), and HEADZ (日)等全球各地唱片公司发行。作为FourColor的作品,他的专辑“Water Mirror”被英国WIRE杂志选入了最佳电子乐专辑,在海外得到了很高的评价。同时他也广泛游历于欧洲、亚洲、澳大利亚、美国和加拿大。
杉本还为许多电影、视觉作品、戏剧、展会、电视、网络广告和企业视频制作了大量音乐。2004年,FourColor为宫崎淳导演在戛纳电影节上映的电影《FRONTIER》制作了音乐,该电影在导演周获得青年视点奖。2006年在法国Aix-en-Provence电影节上,杉本凭借他为电影《Whirr》制作的原声音乐获得了原创电影音乐奖,该片由德国导演Timo Katz拍摄。一直到2007年,这些成绩使得杉本佳一成为法国电影作曲家协会(U.C.M.F)的正式成员。
由于他的艺术活动,1999年他成立了“立方音乐”这一录音公司以发行乐曲并且创设项目。在他旗下的艺人包括World's end girlfriend、kyo ichinose、piana、No.9等等。他还积极邀请海外唱片公司和艺人前往日本演出,并为12K, Hapna and TOM LAB等国际唱片公司策划旅行演出项目。

 //艺术家陈述//

如果要欣赏钢琴所演奏出的旋律并非难事,我们都对此熟悉已久并且明白个中美妙。然而当你拉出钢琴里的琴弦、将他们互相缠绕起来,那会产生一种难以名状、让人眼花缭乱的声音,这时你会发觉一种与钢琴原本听起来时截然不同的吸引力。我的音乐实质上就是对这样全新的、独一无二的、甚至滑稽的一种追寻,这些声音能够吸引听者,不仅仅是让他们将美的声音理解为美,还通过对每种声音的微妙分层来形成一种全新的音乐构造和视点。
经过细致的编排,声音才能转换成“音乐”:和谐与不和谐、暧昧与明晰、弹奏与模拟 、必然与偶然,我的工作就是将这些对立的元素使用在同一层面上,以此创造出独一无二的音乐。